実は簡単!電力会社の変更方法や手順、必要な準備など基礎知識を解説

実は簡単!電力会社の変更方法や手順、必要な準備など基礎知識を解説

電力の自由化により、消費者はどこの電力会社と契約を結ぶか自由に選べるようになりました。ビルオーナーにとっても、自分のビルのニーズに合った電力会社を選ぶことで、電気料金を下げたり、セット割引が使えたりといったメリットを享受することができるのです。

ただ、実際のところ「どうやって既存の電気会社から、新しい電気会社へ契約を変更すればよいのかわからない」という人も多いことでしょう。そこでこの記事では、電力会社の変更方法や手順、必要な準備などを詳しく解説していきます。

電力会社を変更するメリット

そもそも、電力会社を変更するとどういったことが起こるのでしょうか。以下に、電力会社を変更することのメリットと注意点についてまとめます。

メリット

  • 電気料金が安くなる

電力会社を変更する最大のメリットは、月々の電気料金を安く抑えられる点にあるといえます。電力の自由化により、東京電力や関西電力といった既存の電力会社以外の民間企業も、電力分野のビジネスに参入できるようになりました。

その結果、企業間での競争原理が働き、企業ごとに独自の電気料金お得プランを打ち出しているのです。新たに別の会社と契約をし直すことで現在よりも電気料金を下げられるかもしれません。

  • お得なセット割引が使える

契約する企業によっては、セット割引を利用できることもあります。例えば、東京ガスや大阪ガスなど大手のガス会社では、電気とガスをセットで販売しているのが特徴です。電気とガスを一緒に契約することで、それぞれの料金を安くすることができます。

大手ガス会社に限らず、このセット割サービスは他の企業でも多く取り扱っています。ガスやインターネットと電気の料金をセットにすることも可能です。

  • 自社、自分のニーズに合った電気を選べる

電力の契約先に、料金の安さ以外の付加価値を求める人もいます。例えば近年、太陽光や風力といったエネルギーを活用する電力会社が増えてきました。環境配慮に重きを置いている人にとっては、こういったエコな電力会社と契約するのもひとつの選択基準でしょう。

注意点

  • 解約時の条件

新電力会社のなかには、解約の際に違約金が発生するケースがあるため、注意が必要です。例えば、長期契約やインターネットとのセット割で電気料金が安くなるケース。契約期間を満了しなかったり、インターネットを解約したりする場合は違約金が発生することも少なくありません。予想外の違約金を払わないためにも、あらかじめ契約条件を確認しておくことが重要です。なお、東京ガスでは、こういった違約金は発生しません。

  • 新電力会社の選び方

新電力事業者は多数あり、事業者によってプランの設定が異なります。電気の使用量や使用する時間帯などによって最適なプランは異なるので、ニーズにマッチした電力事業者を選ぶことが大切です。ただし、安いという理由だけで新電力とご契約されていると、新電力が倒産した際に、その都度お客さまの手続きが発生したり、割高な電気料金で契約してしまったり、色々なデメリットが発生する恐れがあります。そのため、新電力の企業としての安定性も考慮する必要があります。

電力会社との契約を変更する方法

実際に契約の変更を決めても、必要書類や手順がわからずなかなか行動に移せない、という人もいるでしょう。電力会社との契約変更と聞くと面倒なイメージもあるかもしれませんが、実際には簡単な手続きで可能です。ここでは、電力会社の契約を変更する具体的な方法を解説していきます。

(1)必要な情報を準備する

具体的な手続きに移る前に、まずは必要なものを準備しましょう。契約を変更するのに必要なものは、以下の情報と書類です。 

  • 現在契約中の電力会社名
  • 現在契約中の電力会社のお客様番号
  • 供給地点特定番号
  • 電力契約を変更する希望日

 現在契約している電力会社が大手の場合は、これらの情報はすべて検針票に記載されています。もし、検針票が見つからなければ、契約先に直接電話すると教えてくれるので確認してみてください。

(2)自社、自分のニーズに合った電力会社を探す

環境に配慮された事前エネルギーによる電気を取り扱っていたり、支払い方法が豊富だったりと、それぞれの会社によって提供しているサービスの特徴は異なります。どの電力会社がもっとも自分のニーズに合っているのか意識して電力会社を探してみるとよいでしょう。

数多くのサービスについて、資料をもとに検討するのは負担になりますが、法人契約の場合は専用の相談窓口が設けられている場合が多いので、気軽に相談できます。悩んだ時は窓口に相談し、その応対も含めて、どの電力会社がよいか検討してみることをおすすめいたします。

また東京ガスでも下記のお問い合わせ窓口を設置してます。お気軽にご相談ください!

東京ガスの電気に関するご連絡フォームはこちら 

(3)変更先電力会社に申し込み

契約したい会社が決まった後は、申し込み手続きをします。申し込みの際、手元には検針票を準備しておきましょう。契約は、基本的にはインターネットと電話の両方で行うことが可能です。電力会社のサイトに掲載しているオンラインフォームでの申し込みが便利ですが、申し込み方法がよくわからない場合は直接電話で相談してみましょう。

また、現在契約中の電力会社の解約手続きですが、こちらは自分でする必要はありません。新しい電力会社が自動で契約を切り替えるため、申し込みが済めばあとは契約切り替え日まで待つだけです。

スマートメーターへの変更

現在利用している電力メーターがアナログ式の場合、契約変更の際にスマートメーターに変更しなければなりません。スマートメーターとは、通信機能を持つ電力メーターのことで、旧来のアナログ式の電力メーターとは異なり、遠隔で検針や計測をすることが可能です。わざわざ検針員が訪れて、電気使用量を確認する必要がありません。

電気使用量は30分ごとに計測され、電力会社によってはこのデータを利用者本人にも公開しています。自身がどの時間帯にどのくらいの電気を使っているのか、これを確認できるのがスマートメーターの良さといえるでしょう。

交換に際して自分でやることは特に無し

アナログ式の電力メーターからスマートメーターに交換する際、申し込み者がすべきことは特にありません。新たな電力会社に申し込む際、スマートメーターの交換予定日については電力会社から知らされます。交換当日は、地域の電力会社が対応をするため、立ち会いは原則不要。また、工事費用も原則無料です。

新電力会社との契約が不安なら、実績のある会社で

「契約変更って手続きが大変そう……」となかなか手が出せずにいる電力会社の変更も、実は面倒な手続きは必要なく簡単に済ませることが可能です。どの電力会社に契約を変更しようか迷っている人は、まずは複数社のプランを比較するところから始めてみるとよいでしょう。電力会社切り替えの際に、「歴史の浅い新電力会社に乗り換えるのはまだ不安だ」という人は、契約数200万件を超える、実績のある東京ガスで契約を検討してはいかがでしょうか。

東京ガスの電気に関するご連絡フォームはこちら

参考:

 

著者アイコン
ビルオーナーの知恵袋 編集部
本サイトでは、ビルオーナー様のお役に立てるような情報を幅広く発信させていただいております。

<ご相談窓口について>
電力に関するご相談は、法人・個人事業主のお客さま向け:電気に関するお問い合わせ専用フォームにて承っております。( https://krs.bz/tgform/m/power-mini01?e_372=8607
※上記窓口では、電力以外のご相談やご質問は承っておりません。予めご了承のほど、よろしくお願いいたします。

関連記事